株主・投資家の皆さまへ IR情報

ご挨拶

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、代表取締役に就任しました武内博文です。選任していただいたご期待に添えますよう尽力して参りますので宜しくお願いします。

当社は、イオンチャネルを標的とする治療薬の創製を目指している創薬ベンチャーです。イオンチャネルは、細胞膜を通過するイオンの流れを制御することでシグナル伝達を行っています。イオンチャネルに関連する疾患領域としては、神経疾患や心血管疾患等が知られていますが、未開拓の標的が依然として数多く存在しています。当社は、国内バイオベンチャーではトップクラスのイオンチャネル創薬に必要なインフラを有しており、これらを活用した創薬に取り組んでおります。

当社は、これまでに3剤の上市品を創製することに成功してきましたが、過去の成功に甘んじることなく、これからも画期的な新薬を創製して疾患に苦しむ患者様に治療法を提供することで、事業価値の向上を株主の皆さまと共に目指したいと考えております。

なお、今後の適時開示に関する取り組みとして、IR体制の抜本的な見直しを行います。具体的には、中期経営計画の策定・変更時や四半期決算毎にオンライン説明会の実施や、SNSの活用等によって、株主・投資家の皆さまに分かりやすい形で適時適切な対話に取り組んで参ります。

これからも皆さまからの変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役 武内博文